とくも 胃腸科・皮ふ科 トップページへ 総合受付 順番予約方法 とくも胃腸科皮ふ科 順番予約システム
とくも 胃腸科・皮ふ科 トップページへ 順番予約方法 とくも胃腸科皮ふ科 順番予約システム
いきいき健康メール
いきいき健康メール

「花粉皮膚炎」を知っていますか

今年も春の花粉症の季節がやってきました。

スギ花粉が目や鼻の粘膜に付き、アレルギー反応が引き起こされると、鼻水やくしゃみなどの鼻炎症状が出たり、目の痒みや流涙などの結膜炎症状が出ます。

花粉が皮膚に付くと、同じ機序で皮膚炎が起こります。それが花粉皮膚炎です。

「毎年春になると、顔や首などの露出した皮膚に痒み、赤みが出る人は、花粉皮膚炎かもしれません。皮膚が腫れぼったい、化粧ののりが悪い、皮膚がカサカサする、化粧水を塗っても塗っても浸透しないと訴える人もいます。

ふつうは、鼻炎症状と平行して皮膚症状も増悪しますが、時には皮膚症状しか出現しないこともありますので、注意が必要です。疑わしい場合は、血液検査で花粉に対する抗体を調べて診断をつけることもできます。

予防のためには、花粉を皮膚に触れさせないこと。つまりマスク、メガネ、帽子の着用、花粉の付きにくい衣服で皮膚を覆うことが大切です。花粉にひどくさらされた時には、水で軽く洗い流してください。

バリア機能が障害された皮膚からは花粉が侵入しやすいため、症状が強くなります。皮膚をこすったりひっかいたりしないこと、皮膚を過度に洗わないこと、しっかり保湿をして乾燥させないように気をつけてください。

症状が強いまま放置しておくと、皮膚がますます傷つき、悪循環を引き起こします。早めに医療機関を受診し、治療を受けた方がよいでしょう。

順番予約システム ご利用案内 ご利用手順
Q&A
ピロリ菌専門外来
禁煙外来
「ノロウイルス」の感染予防
胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けられる方へ
各種ファイルのダウンロード
いきいき健康メール
順番予約システム ご利用案内 ご利用手順
Q&A
各種ファイルのダウンロード
いきいき健康メール
ピロリ菌専門外来
禁煙外来
「ノロウイルス」の感染予防
胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けられる方へ

このページの先頭へ